鍼灸治療について

鍼灸治療について

  • 投稿カテゴリー:ブログ

愈鍼アネックス院長小泉です。

今回は前回の鍼灸師のお話に続き鍼灸治療についてのお話です。

鍼灸治療はWHO(世界保健機構)からさまざまな症状に効果があると認められた治療療法です。

日本では鍼灸師と医師が鍼灸治療を行うことができますが、主に皆様の施術に携わらせていただくのは鍼灸師です。

「鍼灸」という言葉を耳にすることは少なくないと思いますが、一体どんな施術なの!?

鍼灸院では、患者さんがご来院されたら初めに症状、その症状がいつからあるか、どんな時に症状が出るのか、何かきっかけがあったのか等お話を伺います。

その後に理学検査や東洋医学的な脈診や腹診行い、身体のどの部分に鍼または灸の施術が必要かを決定します。

その「身体の部分」は筋肉であったりツボだったり、その両方の場合もあります。

大まかな説明ですが、筋肉に鍼灸をする=西洋医学、現代医学的鍼灸施術。

ツボ、経絡に鍼灸をする=東洋医学的鍼灸施術と考えて良いかと思います。

(鍼灸師の先生によって考え方が様々ですので、あくまで私なりの分類です。)

愈鍼アネックスの施術は、西洋と東洋の鍼灸施術を取り入れたオリジナルの鍼灸施術。

東洋医学的な鍼灸でお困りの症状の出にくい身体に整えていき、主に痛みや痺れに関係する

筋肉やトリガーポイントに鍼灸をして速やかに痛みや痺れの軽減に努めます。

アトピー性皮膚炎の鍼灸施術では主に滞ったツボや経絡の流れをよくしたり、

鍼で皮膚表面を撫でさすったり、棒灸で皮膚を温めたりすることで皮膚の新陳代謝や巡りをよくしてかゆみや赤みの軽減を図っています。

滞ったツボや経絡の流れへのアプローチを当院では『経絡治療』という東洋医学的な鍼灸施術を行っております。

次回は経絡治療についてお話ししたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。